勢いで辞表を叩き付けてしまった無職アラサーの極貧生活を綴る貧乏日記

極貧アラサーの「生活向上日記」改め「アフィリエイト日記」

投資

FX明日のECBに向けて(2015/10/21)

投稿日:

さて明日はいよいよECB政策金利発表です。
今月ここまでは明日のECBと月末の日銀の思惑にのっかろうと戦略を立ててやってきました。でも微妙なんですよねぇ、、、。

そもそもの戦略

先週、ドル円はいったん大きく値を下げ、ユーロドルは1.15を試しに行く局面がありました。そこでドル円はロング、ユーロドルはショートです。玉は小さいんですけどね。
今月の雇用統計は予想のはるか上を行くほどの悪さ、あまりの悪さに私は指をくわえてチャートを眺めていただけなんですが、ドル円は118.0割れから超絶リバウンド!それを見てからは月末の日銀追加緩和思惑に乗っかったトレードをしよう、と思ったんですね。つまり、下がったら買って日銀を待つ、ということです。ユーロドルも同じ。跳ねたら売って、ECBを待つ。
そして先週のドル安です、ドル安というよりも円高、ユーロ高ということになるのかな?ここから私はドル円ロング、ユーロドルショート。
あとはユーロドルはECB待ち、ドル円は日銀待ちです。つまり追加緩和思惑での円安・ユーロ安期待です。ただし、あまり過度の期待はしていません。期待、というのは追加緩和があるかないか?ではなくて思惑で動いても、そう大きくは動かないだろうという程度の期待です。でもまぁ方向はドル高方向へ思惑で動くでしょう、という戦略ですね。

ここのところは昨日記事にしたのでこちらもお読みください。

>>過去記事:FX今週の戦略

さてまずはユーロドルをどうしようか?

そして現在平均1.147で20,000通貨のユーロドル、これどうしましょ?「過度の期待はしていない」と書きましたがそこはユーロ、1.12を試すくらいまでには落ちてくれると思っていましたが現在1.135程度。実は1.147の玉を持つまでに損切り分が10,000通貨で60PIPSくらいあるんです。なので、損益分岐では1.144くらい、ということになります。ユーロは動き出したら足が速いのでまったくこの程度の含み益では安心できません。
昨日までの作戦ではECB前に半分利食いして(といっても10,000通貨ですけど)残りの半分は建値ストップでECB突入!のつもりでしたが、、、んーーーー、微妙ですね、過度な期待はしてなかったけどこれほど動かないとも思ってませんでした。生活費も稼がないといけないから日中の動きを見て適当なところで全部決済するかもしれません。これって作戦失敗ですよね、、、。

これだけ下げないってことはECBの追加緩和はないとすれば(ないだろうけど)ECB後はまたユーロ高になっていくんでしょうね。明日からの作戦、どうしようかな???「チャート的には上だけどECBまでは思惑で下」というのが今週の作戦だったからECBが終われば次の作戦は「ECBでブレの安値を買いで拾う」ということになるんだろうけど、そうであればユーロドルではなくて「月末日銀に向けてユーロ円のロング」ですよね。てことは「ドラギさんがうまくしゃべって超絶下攻めしたところでユーロ円をロングで日銀を待つ」というのがいいのかな??

ドル円は継続

ドル円はまあ想定通り??こちらも「過度の期待はしない」わけですけどそれでももう少し上へ動いてほしいところです。月末の日銀までには120円を突破して121円手前まで、つまり200MAあたりまでは行くんじゃないか?と期待しているんですけど。しかし120円は重いですね。

-投資

Copyright© 極貧アラサーの「生活向上日記」改め「アフィリエイト日記」 , 2017 AllRights Reserved.